​経営革新等支援機関

経営革新等支援機関

経営革新等支援機関とは

​国が認定した一定の専門的知識及び経験を有する者を言います

出来る事

経営革新計画を作成出来ます

経営革新計画のメリット

①信用保証の引上げ

 例えば借入をする際、信用保証を2憶円→4億円に限度額が引上げられます

②新事業開拓保証の引上げ

 経営革新のための事業を行うために、付保限度額を2億円→3億円へ引上げられます

③特別利率による融資制度

 例えば借入利率を基準利率▲0.9%引下げられます

④その他

 高度化融資制度

 食品流通構造改善促進機構による債務保証

 海外展開に伴う資金調達支援

 ・・・現地子会社の資金支援etc

 特許関係の料金が半額

 他

⑤予算・事業計画のところへ書いた通り、月・年単位での計画の進捗を確かめる事により

 当期の業績が予定通りか、5年spanでの計画が当初通りか確認する事により、会社の発展

 が約束されます。

計画の流れ

中小企業者⇒経営革新等支援機関へ相談⇒経営革新等支援機関が経営革新計画を作成

​⇒経営革新計画を都道府県へ提出⇒都道府県が承認⇒上述経営革新計画のメリットの享受⇒経営革新等支援機関によるモニタリング及びフォローアップ