• 岸 靖徳

セーフティネット保証5号・セーフティネット貸付

1.今回のコロナウイルスに関連するセーフティネット保証5号とは、指定業種(152業種あります)のうち、直近3か月の売上高が前年同期比較で5%以上減少している中小企業でかつ市町村長の認定を受けた企業です。これに該当した場合、別枠で借入額の80%を信用保証協会が保証するという事です。

2.セーフティネット貸付とは、上記1に該当した場合、日本政策金融公庫で別名経営環境変化対応資金として、4,800万円を限度として、運転資金の場合最長8年で返済していく融資制度です。金利1.91%(条件により変動)。

3.ただ今回に関しては、厳密に1の要件を満たさなくても良い事です。今後売上が5%減少が見込まれる、でも対応してくれるという事です。つまり緩い、という事です。

4.今回の融資の予算は上限5,000億円のようです。

5.これと併せて、補助金が使える事業者様の場合、合わせ技が良いと思います。

6.補助金も初めの方が通りやすい事が多いと思いますので、先手先手で経営されたら良いと思います。環境が良くなったら、繰り上げ返済という方法もあります。

7.何度も言いますが、今回のこのコロナウイルスの影響は長期に及ぶ事は間違いないです。

資金調達は非常に重要ですが、その後の、キャッシュフローの予測をする事が重要です。

これを出来る税理士・会計士はそんなに多くはありません。何故なら、経営をした事が無い

からです。全面的にご支援致します。借入が難しい場合、他の手段も、私なら可能です。



閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示